妖怪と幽霊

幽霊と妖怪の違いはどこにあるのか?

似て非なる存在?幽霊と妖怪

幽霊と妖怪は恐ろしく、禍々しいものとして古来より人々に恐れられる存在であるが、『幽霊』と『妖怪』とそれぞれ呼び名が違うように別のものであると考えられる。

『幽霊』と『妖怪』という呼び名はどちらも中国に端を発しているようである。『幽霊』と『妖怪』では『妖怪』の方が先にかかれており、『妖怪』は1世紀始め「漢書 循史伝(じゅんしでん)」で「宮中ニシバシバ妖怪アリ」と記述されている。ここでいう『妖怪』というのは怪奇現象に対する名称として『妖怪』という名が用いられたようであり、宮中に災厄が続いたものと考えられている。

『幽霊』は5世紀頃の「後漢書 橋玄伝(きょうげんでん)」に「幽霊ハ翳(かげ)ニ潜ム」と記述されている。「翳(かげ)」とは目には見えぬ部分を指し、ここでの『幽霊』とは人の死後の霊魂を称している。

『幽霊』とは現世に縛られた霊魂

このように中国で成立された幽霊と妖怪の呼び名・意味は仏教伝来後の日本にも伝わり、奈良・平安時代に日本独自の『幽霊』、『妖怪』が形成された。『幽霊』の代表格といえば「四谷怪談」の「お岩」や「番長皿屋敷」の「お菊」などに見られるように、幽霊は生前の人の姿で現れることが多く、すでに死んでいるものこそが『幽霊』とされる。

幽霊は主に怨み未練などにより、現世に縛られた霊魂のことを示すものであると考えられる。

『妖怪』とは現象から生まれた自然神

『妖怪』はその成り立ちが「現象」であり、「現象」に対して形作られていくその姿を見ると、妖怪には動物、植物、道具に魂が宿った物も多く、生きる存在であるという点も幽霊とは決定的に違う点として挙げられる。同時に見えぬ禍を恐れ、畏敬の念が『妖怪』を生み出しているのかもしれない。

現象から生まれた自然神であり、「物」に魂が宿る姿は「九十九神」でもある。『妖怪』のすべてをひとつに分類するのは困難だが、多様な『妖怪』は神に近い存在なのかもしれない。




オカルトランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ オカルトへ
にほんブログ村

Pick UP!
東京の定番スイーツ情報をお届け。おいしいスイーツ情報満載!
定番東京スイーツ

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。