山 崩壊

神戸の六甲山大崩落が次ヤバイって騒がれてるが

1: 本当にあった怖い名無し 2018/07/17(火) 16:34:33.52 ID:QVuZDMQj0
広島の土地は花崗岩が風化して出来た真砂土という脆い砂なので土砂災害が起きやすいが、神戸の六甲山も同じらしい。
広島で再び土砂災害起きて、「乱開発された六甲山に注意」とオカルト系の予言者らも含めて騒ぎ始めてるが、どうなの???


2: 本当にあった怖い名無し 2018/07/17(火) 16:37:26.00 ID:QVuZDMQj0
http://blog.livedoor.jp/pegasus2011/archives/7477568.html
井戸知事がテレビで「広島は他人ごとじゃない。六甲山も同じく真砂土です。」と、話しておられました。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14150482274
広島の土砂災害のようなことは、神戸の六甲山付近でも起こりえますか・・・?
ベストアンサーに選ばれた回答
六甲は、同じ花崗岩だし、東西方向に走る断層でずたずたなので、表層の真砂土厚さによって十分に発生の可能性はあると思います。

https://www.kkr.mlit.go.jp/rokko/disaster/index.php
六甲山地では、これまでに何度も災害が発生し、昭和13年7月の阪神大水害のような今なお歴史にその爪あとを残す大きな被害をもたらした災害もおこっています。
    
昭和13年 阪神大水害
昭和42年 7月豪雨
平成7年 阪神・淡路大震災(兵庫県南部地震)
平成26年 台風第11号崩壊状況

3: 本当にあった怖い名無し 2018/07/17(火) 16:40:29.87 ID:QVuZDMQj0
神戸、芦屋方面の皆様へ
http://boosuka-asuka.hatenablog.com/entry/2018/07/07/000051
今回の記事をアップした理由を説明します。
それは、神戸在住の友人と、ラインで会話している時、フッと嫌な予感が頭を過ぎった(よぎった)からなのです。その上で、どちらかの存在が、友人に対して発した
「家族を引き連れて、至急逃げなさい。もちろん周りに対する警鐘は最大限に鳴らしなさい。もしかしたら、誰も信じないかも知れない。しかし、警鐘を鳴らすのは、あなたの務め。そうした上でお逃げなさい。」
という声も聞こえたからなのです。
人間は、三日先の災害を予知し得ない。誰もが災害の被害を本気で想定しない。
しかし今、この記事を執筆している時点で、次々に土砂災害のニュースが飛び込んできています。
今回の「戻り梅雨」は、すべて『龍神雨』。つまり、神のご意思に沿った大雨、なのです。
この大雨に込められた神の意思とは、「多くの人に、日の本の地下秘密基地の実態を明らかにする。」なのです。
想定外の大雨により、「博多駅前の大陥没」と同様の事案が全国の主要都市で。
そして、「中津の斜面大崩落」と同様の事案が、全国の「聖地」=相手の秘密地下サイトが存在する山々で発生するのです。
大事なことなので、最後にもう一度。
備えあれば、憂いなし。
危険地帯からは、速やかに退避する勇気を持ちましょう。

4: 本当にあった怖い名無し 2018/07/17(火) 16:43:24.27 ID:QVuZDMQj0
六甲山大水晶
http://boosuka-asuka.hatenablog.com/entry/2018/07/16/083813
神の三八(みや=宮)とは、(兵庫県神戸市)三ノ宮。
六甲山大崩落と大いに関係あり。
異人館は流れ去り、小川ちょろちょろから大河へとなるであろう(トアロード)。
ビーナスブリッジがその源流。
川筋の商店、住人すぐ逃げよ!
大神の許しなきものは、存在を許されない。
皆で、新しき小川の水を、大河の水を飲めば良い、使えば良い。
江戸(穢都=えど・東京とは限らない)は森へと還る(かえる)であろう。

~~~~~~~~~~~

こちらのメッセージは、私が2018年7月10日より以前、なんとなくひふみ神示・第24巻「黄金の巻」を読み返していた、その中で降りてきたものです。
関連する「神示(=ふで)」は、黄金の巻・第33帖。
次にその、第33帖の全文を紹介しましょう。

~~~~~~~~~~~

第33帖

神国、神の三八(みや)早くつくれ
今度ここへ神が引き寄せた者は
皆キリストじゃ釈迦じゃぞと申してあろう
磨けば今までの教祖にもなれるミタマばかりぞ
それだけに罪深いぞ
岩戸あけて、めぐり果たせたいのじゃ
このこと肚によく分かるであろうが

以上

5: 本当にあった怖い名無し 2018/07/17(火) 16:48:22.22 ID:QVuZDMQj0
さらに、たった今(7月15日)降りてきた「とある神霊さん」からのメッセージも紹介します。

~~~~~~~~~~~
(略)
これより先、龍神たちが主導して天気を決定するために、六甲大水晶の奪還は必須条件なり。
そして六甲山の大崩落に際しては、必ずや、様々な『前兆現象』が引き起こされる。
このことを約束した上で、わたくしのことばとする。
~~~~~~~~~~~

[『六甲大水晶』とは何ぞや?? ]

N氏によれば、それは六甲ガーデンテラス(34.765273, 135.244882)周辺(写真1・2)の下に埋まっていて、直径100m超、高さ50m超のダイヤモンド型をした水晶なのだそうです。
そしてこれは、アトランティス時代の気象コントロール用のスーパーコンピューターであり、地球(ガイア)・太陽・月の動きも同時に制御しているそうです。(ちなみに、天体の動きについては、岐阜県下呂市の金山巨石群が担当)
さらに、つい先ほど(7月15日・22:45頃)神戸の方との会話中に守護の神霊からの「審神者」で判明したことがあります。それは『私たちの前世・過去世についての情報』も、全て蓄積しているのだそうです。
以下は再び、守護の神霊からのメッセージです。

~~~~~~~~~~
この大水晶は「山によって隠されてしまった」と延べた方がより正確であろう。もともとある水晶に土がかぶせられ、そこに木を植え、育て、森としたのである。
では誰が土をかぶせたのか?これについては、ここでは言及しないが「くにとこたちの大神様に程近い神々のうちの一柱」であることは間違いない。
そしてこの水晶の本来の姿とは、むき出しのまま形。これこそが本来の姿である。
すると、いったいどれだけの土砂と森林が取り払わねばならないか?想像に難くはないであろう?
明日香の友人は、神戸市の鶴甲(つるかぶと)に土砂が流れこむ、とも予測しているが、然り、なのだ。

6: 本当にあった怖い名無し 2018/07/17(火) 16:50:34.94 ID:QVuZDMQj0
《補足>昨年の「神様台風」の記事中で『相手が狙う大水害を九州福岡と大分の県境で再現した』と記述しました。
これは、当時の「相手」が実現化しようとしていた『関東地方大水害』を、九州の地下サイト密集地帯にて再現した事を指します。
九州大水害から一年を経た今、真相の一端を明らかに致します。
台風襲来と低気圧の連続発生を、埼玉、群馬、長野の県境で現実化させ、関東に大雨を降らせる。
それによる大量の雨水の排水処理が限界に達した頃を見計らい、神流川水系の上野ダムや下久保ダムを中心に、それらのダムの水門を「必要に応じて」わざと開き、大水害に見せかける。
また関東のその他の水系でも、同様のことを用意していました。実は相手は、関東でここまでのことを画策していたのです。
もし、この策略が成功していれば、死者の数も、浸水被害も、土砂崩れも、甚大なもの、被害額も莫大なものになったでしょう。
しかしこれらの策略が大失敗したことにより、裏支配の中枢部には「苦情」が殺到したそうです。
せっかく見込んでいた需要予測等が、“ふい”になった事に対する「苦情」が!!

【>守護神より、今回の大水害は、その損失補てんなり!!!!】

7: 本当にあった怖い名無し 2018/07/17(火) 16:54:06.69 ID:QVuZDMQj0
ふたたび、守護の神霊さんよりのメッセージ。

トンネル、というのは、道路や鉄道、あるいは上下水道などが通る、いわゆる「本坑」といわれるものだけで成立しない事は、みなさんもお解りであろう?
地質調査などのための「試掘坑」。空気孔などに利用する「立坑」 。避難用通路なども掘らねばならない。
つまり、一本のトンネルには、複数の隠れたトンネルが存在するのである。
もちろん、相手はこれらを有効活用している。
地図で見るだけで、六甲山系にこれだけのトンネルがあるならば、隠されたトンネルは無数に存在するのである。
それらは全て、六甲大水晶周辺に確保された巨大な地下空間への人材や物資の搬入、空気確保、非常口としても使っている。
ここに、大雨による水が流れ込んだら?そして、六甲山系の豊富な水系が戻ったとしたら?
どんなことになるかは、これまで六甲山系の地下サイトを利用して来た「相手」ならずとも、容易に想像できるであろう?
そして、水の力は、それら地下トンネルや地下サイトを容易に破壊できることも。
さらに言えば、これまでの豪雨により、君たちがまだ見たことのない六甲山系の水脈が次々と復活しているのだよ。
これまで澄んでいた川の水が、突然濁ったりするのは、水脈復活の証し。それらは、六甲山系に、神戸の街に、新たなる大河を次々と作り出す胎動でもある。

さらに言えば、これまでそなたたち人間が、支配の帰結として推し進めて来た「都市計画」。これの根本的欠陥が露わになる事でもある。
すなわち、ガイアのエネルギーラインである「龍穴・龍脈」を封じるための都市計画。これはレイラインの活用を狙ってのこともあるだろうが、筋違いの活用方法なのだよ。
龍穴のある場所は、同時に、水害や災害が発生しやすい場所。こんなところに人口密集地を作り出すことこそ、いたずらに被害を拡大させる主要な原因に他ならないのではないかな?

一方でそなたたちは次のように訴えるかも知れない。被害が出ないうちから避難など出来っこない。
これは、今現在の支配の基本、人民を一定の土地に縛りつけ、自由な移動を許さない。
これが一番の原因であり、国土計画や人民管理を仕事とする現在の国家機関は、むしろ大災害が起こることを心待ちにしている、といっても過言ではないであろう。

8: 本当にあった怖い名無し 2018/07/17(火) 16:56:15.16 ID:QVuZDMQj0
むしろ、住民に対して「避難指示」を出し続けている神戸市のほうが、まだ良心的ともいえるのだよ。
また、梅雨は明けた。これからしばらくは長雨はこない。と訴える者もあろう。
しかし、季節がこのまま推移すれば、夏が過ぎ、秋の長雨の季節になるではないか、結局同じことでしょう?

そしてそう、『季節がこれまでと同様に推移する』ならばだが、そうは問屋が卸さないのだよ。
「お天気は、龍神さんの仕事」なり。これから先の天候にかんする、われらの側の『長期予定』をここでお伝えしておこう。

いま、晴れ間が続いているのは、「梅雨の中休み」。7月22日を境にして『戻り梅雨』となり、日本各地は長期の大雨にさらされるであろう。
この時、これまでの「気象学」では説明の付かぬ方法で雨雲が発生する。
すなわち、全国的には「高天原山」を中心に続々と雨雲が発生し、また各地においては、その地を管轄する「出雲山」より雲わき出でて雨が降ることになる。

これにより、温まりすぎた地熱を冷やし、各都市では、福岡市内で発生したのと同様な大陥没が発生する。
当然、各都市に作られている地下サイトがその原因。これでは、核ミサイルによる脅威の演出などもう出来まい?
空っぽのミサイルを飛ばして地下施設で爆発を作り出す、それが君たちの基本戦略だもの、ねえ。

神戸ではここで、六甲山の大崩落が発生するのだよ。
無意味な支配と戦争を止めるために!

そして、長雨は次第に雪へと変わってゆく。そう、8月に雪が積もるのだよ。
なぜか?これは、2020年の8月を冬で迎えるためなのだよ。
君らは、123便が再び「日の本」の上空に現れしとき、その時こそが支配権確立の最終チャンス、と願っているだろうが無駄なこと。
8月の降雪、積雪がどのような意味を持つか?それは君たちが一番ご存知のはずであろう?

ここで、ひふみ神示に言うところの「しばらくは木の根でも食うて居れ~~」という事が現実の課題となるであろう。
日の本の人民の主食を、根底から変える強制措置でもある。
これは、裏支配を実行している者たちのみならず、現実に政治を現場で動かしているすべての公務員に対する警告でもあるのだよ。

9: 本当にあった怖い名無し 2018/07/17(火) 16:59:44.24 ID:QVuZDMQj0
六甲山の大崩落『前兆現象』あれこれ
http://boosuka-asuka.hatenablog.com/entry/2018/07/16/114929
守護の神霊より~~~~~~~~

今回の大崩落、本番ではこれまでの土砂災害とは比べ物にならぬほどの大崩落となるであろう。
しかし人間は常に、災害の想定を過小評価する。自分たちが災害に会いたくない、という願望がそうさせるのだろう。
しかし、考えてみたまえ、巨大水晶を隠すために、いったいどれだけの土砂と木々があるのかを?

もし、それだけのことがおきるとしたら、三宮の町には、ねずみ一匹、猫一匹。カラス一羽もいなくなる。
ゴキブリですら逃げ出すよ。しかもそれが少なくとも三日前までには完了する。
そう、梅雨を呼び戻すことにより、各地にある地下サイトも一旦無害化する。そして、その存在をすべて白日の下に晒しだす。

《とある神様のフライングで出してしまったこの神示。》
トアロードを元の河川に還すだけでは済まなくなっているのは確かです。

(1)まずは、山の手に住む「セレブ」たちの動向をしっかりと見守るべし!!

地震雲、だとか、亀裂などの発生の観察は、主観などにとらわれたり、見回り後に発生したり、という可能性を否定できません。つまり、見逃す可能性も大きいのです。
が、山の手のセレブさんたちには、以下(A)~(D)の通り、緊急避難を即・実行できる諸条件がそろっています。

A)独自の情報網により、山の下に住む一般人には伝わらない情報が飛び込んでくる。
お父さんやお母さんが国家機密以上の地下帝国機密を取り扱える立場にいらっしゃるため、家族最優先の避難指示を出すことが可能。

B)避難先を容易に確保出来る。これは、言わずもがな。避暑地の別宅に逃げる、もしくは海外への高飛びが可能。

C)自分たちだけ助かれば、他はどうなっても良い、という人間、もしくは人外が多数派。
それは、地上の人民には絶対秘密の地下サイトを守ることが、彼らの最優先課題だからである、とも言えよう。
つまり、崩落の危険がある地下基地の出入り口を守っていた存在である。

D)そもそも、人外さんたちが人間の振りをして生活しているとなれば、現行の人間(ヒューマノイド)には持ち合わせていない予知能力で、命の危険を察知することが可能。

14: 本当にあった怖い名無し 2018/07/17(火) 19:09:56.35 ID:AFDQO/+p0
生田神社はもともと新神戸駅裏の布引にあったのが1200年前の大水害で御神体が流され現在のところにお祀りされたのは地元では有名な話

15: 本当にあった怖い名無し 2018/07/17(火) 19:30:27.60 ID:AFDQO/+p0
これには別の説もあって流されるたびに御神体の場所にお社を作り、また流されるを何度も繰り返して現在地に至ったと言う話もあるんだよね

16: 本当にあった怖い名無し 2018/07/17(火) 19:49:29.58 ID:NvEAb4W50
ってことは、今度はポートアイランドか六甲アイランドあたりに生田神社が移転?

17: 本当にあった怖い名無し 2018/07/17(火) 22:30:41.71 ID:pyEC/MM00
保守がてら

神戸は「神の戸」と前から言われてるよな
100mの巨大水晶って・・

22: 本当にあった怖い名無し 2018/07/18(水) 01:19:44.83 ID:u7MzyY6V0
>>17
ああ、確かに

18: 本当にあった怖い名無し 2018/07/17(火) 23:17:08.09 ID:YbnxMJUV0
ちなみにもうすぐ台風シーズンやで

19: 本当にあった怖い名無し 2018/07/17(火) 23:41:10.18 ID:7YLqCa3Z0
最初のブログ面白いな

神様が陰謀を見破って対抗しようとしてる所とか

人間相手ならどうでもできるけど神様は騙せなかったんだな、すごいな

24: 本当にあった怖い名無し 2018/07/18(水) 08:59:00.43 ID:quBuR4tc0
土の質はよくわからんけど
そもそも神戸は昔っから鉄砲水が出やすい地形だからねぇ
今回も灘でやられてたし

26: 本当にあった怖い名無し 2018/07/18(水) 13:31:52.55 ID:14TryE+o0
岡山も311後に移住した人が多い地域だよな

28: 本当にあった怖い名無し 2018/07/18(水) 23:30:37.12 ID:+E2ogcbI0
>>26
瀬戸内は移住者多いね。地震少ないし、豪雨・台風も本来は少ない
四国山地と中国山地が守ってる形になるから
確か松山が一番人気じゃなかったっけ?



オカルトランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ オカルトへ
にほんブログ村

Pick UP!
東京のおいしいお店がすぐわかる食べ歩きに役立つサイト
東京グルメ散歩

引用元:神戸の六甲山大崩落が次ヤバイって騒がれてるが

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

  1. 先週20日(金)に日本テレビ系地上波にてアニメ「時をかける少女」が全国放送されました。その目的については解析を終了し、既に当方にて処置を実施しています。今回の台風12号接近により、1995年に阪神淡路大震災が起こされた本当の理由がはっきりするかもしれません。

    子供の時から親しんできた四季や雨などの気象が本当に天からの授かりものだったのか?読者様におかれましては、その問いを胸に秘められた上で、これから世に起きる出来事を見据えて頂きたいと思います。指揮棒、いや、その手を失った指揮者の演奏が間もなく始まります。

  2. 神戸の方はとりあえず大阪に、広島の方は福岡・北九州など、収容力のある都市に一時避難されることをお勧めします。最悪の場合、神戸という都市が消失することも私は想定しています。

    — 以下追記です —

    関西淡路大震災が発生する1ヶ月前、神戸出張中のその方は、毎日続けてきた地磁気の観測で驚くべき結果を得ました。土中の砂鉄の磁気が一切失われているのです。彼はその状況から1ヶ月以内に大きな地震が起きると予測、神戸市役所に駆け込み市民を至急避難させるよう説得します。しかし、当然と言えば当然ですが、市役所の担当者に相手にされることはありませんでした。

    今回の私の警告は、その方ほど根拠のあるものではありませんが、人的被害が少なかったとはいえ、前回の豪雨で神戸の山中のあちこちが崩落しています。地盤が緩みきったこの状況で激しい雨に降られたら何が起こり得るのか、もはや説明は要らないかと思います。現地の方々のなるべく早い決断を望みます。何も起きなかったら、それを喜べば良いではありませんか。

    明日(注7/28)、新神戸の駅で身なりの良い婦女子を多く見かけることがあれば、それが脱出の最終サインです。躊躇せずあなたも新幹線に飛び乗ってください。