平成で起きた電車にまつわる不思議な未解決事件

平成8年JR山手線御徒町駅

平成8年(1996年)10月16日のJR山手線は御徒町駅のホームで山手線が急停車した。電車を運転していた運転士は「たしかに電車に飛び込んだ、ダウンジャケットを着た24~25歳の若い女性を見た」と証言をしている。

とっさの出来事にしては具体的すぎる人物像だが、この飛び込んだ女性を目撃したのは運転士だけでなく、ホームにいた人も目撃をしていたことが知られています。

もちろん山手線が停車した後には付近を捜索したが死体はおろか女性の姿も見つけることができなかった。人が多い御徒町駅で若い女性はどこに消えてしまったのか。

平成13年JR武蔵野線新八柱駅

平成13年(2001年)5月、千葉県松戸市のJR武蔵野線新八柱駅で50代の無職男性が8両編成の府中本町行き普通電車がホームに近づいてくるのを確認すると、いきなりホームに飛び降りて線路の真ん中に寝転んだ。

列車は当然急ブレーキをかけたが間に合わず、男性の上を通り過ぎて停車した。運転士は電車を降りて線路をのぞき込むと男性は奇跡的にも電車と枕木との隙間に潜り込むような状態になっており奇跡的に無傷だった。

警察の調べに男性は「仕事が無くて死のうと思った。だが、もう怖くて電車を見るのも嫌」と震えあがった様子で答えた。しかしながら電車と枕木の隙間に奇跡的に収まって無傷ということはそうそう発生するのだろうか。

平成14年JR東海道線住吉駅

平成14年(2002年)7月、東海道線住吉駅で時速100キロを超すスピードで通過する新快速電車の連結部分にしがみついていた男性がホームに飛び降りた。

男性は飛び降りた勢いで転がりながらホーム先端の転落防止用の柵に衝突したが、その後何事もなかったようにホームから階段を上がり、改札の方にすすんでいってしまった。

目撃者によると男性は学生風の若い男で、ジーンズに黒いリュックを背負っていたという。しかしながら100キロ超の電車からホームに飛び降りれば怪我は必須であるのに、男性は何事もなかったかのように階段を上がっていったという。はたしてこの男性は何者なのだろうか。むしろ人間であったのだろうか。


シロ
平成になってからでも不思議な事件は結構発生しているんだね

クロ
特に最初の消えた女性は目撃者も大勢いるみたいだから不思議だよね



オカルトランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ オカルトへ
にほんブログ村

Pick UP!
山や自然を愛するすべての人へ。アクセス情報やコースガイド、休憩スポットや登山後の寄り道スポットまで、登山を楽しむ情報満載!
Ein Wanderer

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。