先日起きた心霊体験-後編

前編はこちら⇒先日起きた心霊体験-前編

33: 本当にあった怖い名無し 2018/05/04(金) 01:20:13.44 ID:iHgYFDSc0
金縛りは心霊的に起こる事と身体的に疲労していたり塩分が足りないかの2種類に分類されるだろう。
俺は体が疲れ切っていることがわかっていたため、後者の身体的疲労のせいだろうと思った。そう思いたかった。
しかしそんな思いは一瞬にして打ち砕かれた。
体全体の周りだけ空気の質が変わったのを感じた。重く、寒く、クーラー前回の部屋の寒さというよりは体の内側からの寒さだったような気がする。何回か金縛りを経験していたがこんなことは初めてだった。
34: 本当にあった怖い名無し 2018/05/04(金) 01:27:09.35 ID:iHgYFDSc0
それと同時に体全体の毛が逆立ち、全身鳥肌に覆いつくされた。
直感的にわかってしまった。
「あ、これガチなやつだ」と。
これは人によって違うのかもしれないが、今までの金縛りも今回の金縛りもなぜか目だけは動く。
俺は見たくないものを好んでみる趣味はないので、今まで同様に急いで目を瞑った。
瞑ったその時、後ろから急に気配がしたのを感じた。
後ろは壁なのに、誰もいれる感覚などないはずなのにいる。後ろに、確実に。

36: 本当にあった怖い名無し 2018/05/04(金) 01:33:18.10 ID:8sKhssAW0
待ってるぜ
続き気になるぜ

37: 本当にあった怖い名無し 2018/05/04(金) 01:36:20.58 ID:iHgYFDSc0
動かない体を動かせるようにするには体験上、なんとか頑張って、小さくてもいいから声を出す。体の一点に力を入れてピクリでもいいので少しでも動かす。そして第三者の干渉。
これを知っていた俺はまず声を出そうと必死に声を出そうとした。
「うーーーー」とキーキー声を出すようにした。声は聞こえるが体は動かなかった。俺の声じゃない。
それは女性の低い声で「うーーーー」と言っていた。
パニックになった俺は体を動かすことなど忘れ、必死に見ないように見ないようにと力いっぱい目を瞑った。

41: 本当にあった怖い名無し 2018/05/04(金) 01:44:15.46 ID:iHgYFDSc0
後ろの女が動きだした。すると突然体を上下に揺らし始めた。長い髪と一緒に。
誰にでもわかるようにいうと幽霊がヘドバンしてると思っていい。
ホラー映画とかにもよくあるようなやつ、本当にそんな感じ。
なぜ髪が長いのかや、体を動かしていたのかがわかるのかというと、第六感とでもいうのだろうか。説明のしようがないけど、この時はこの女の動きが手に取るようにわかった。感覚が研ぎ澄まされ、本当に、はっきりとわかった。

42: 本当にあった怖い名無し 2018/05/04(金) 01:53:14.65 ID:iHgYFDSc0
少しあった距離がその動きと同時にだんだんと近づいてきているのがわかった。
意識が胸の中心から薄くなっていくような感覚に襲われた。
すぐ真後ろにまで来た女は俺の頭上で体を上下に揺らし続ける。夢ならさめてくれ、そう思ったときだった。
ヘドバンしていた女が猛烈な勢いのまま、俺の顔の目の前にその顔を「ピタッ」と止めたのだ。
その瞬間から、力いっぱい瞑っていたはずの目から力がだんだんと抜けていくのが分かった。
心の中で「本当に死ぬかもしれない、、、」それほどの恐怖を抱くなか、目が今にも開きそうになった。

43: 本当にあった怖い名無し 2018/05/04(金) 02:06:13.71 ID:iHgYFDSc0
そのとき、親が寝返りをうったのだろう。「ガサっ」という音がした。
パニックだったため、なんの音か一瞬わからなかった。寝返りの音と分かった瞬間にはもう嫌な気配は消えていた。
俺は意を決して思いっきり起き上がった。体を動かせたことに対して俺は人生で一番といえるほどの安堵と深呼吸をした。
しかしこれほどの後で怖いに決まっている。俺は子供みたいに必死に隣の母の布団を引っ張り呼びかけた。
すると母はぽんぽんと布団をたたき、隣においでというような素振りを見せてくれた。
俺はプライドなど構わないで、迷わず母の布団に入った。

45: 本当にあった怖い名無し 2018/05/04(金) 02:14:42.19 ID:iHgYFDSc0
しかしこれほどの後で怖いに決まっている。俺は子供みたいに必死に隣の母の布団を引っ張り呼びかけた。
すると母はぽんぽんと布団をたたき、隣においでというような素振りを見せてくれた。
俺はプライドなど構わないで、迷わず母の布団に入った。
それからは当然眠れるはずもなく、朝までスマホを構い気を紛らわせた。そうしているうちに朝が来た。
何が起こっても朝は来るんだなあと感じた。
そんなことを朝食の時に親に話したら父は笑って聞いていた。こっちは真剣なんだよこの野郎。
母は少し笑っていたが、そのことにはあまり触れてはくれなかった。
誰にも相手にされなく悲しいと思ったのと同時に夢だったのではないかという錯覚に陥った。
47: 本当にあった怖い名無し 2018/05/04(金) 02:28:24.71 ID:iHgYFDSc0
一泊二日の予定だったため、二日目は一通りの用事が済み次第、昼食をとった後帰ることになった。
高速に乗った俺たち親子はどんでもないことが起きたねーと、既に全てが過ぎ去ったことかのように話をしていた。
俺は昨夜のこともあり、その後すぐに眠った。
少ししてから俺は父に起こされた。そこはパーキングエリアの中で、父はトイレに行った後のようだった。母もいない、おそらく同じでトイレだろうと思った。
父は俺に言った。
父「なあ、お前クーラーの風量下げただろ?」
俺「知らないよ、さっきまで寝てたんだから。自分で押したんじゃないの?」
父「そっか、じゃあさ、、、」
俺「何?」
父「お前、ハザードランプ押した…?」

48: 本当にあった怖い名無し 2018/05/04(金) 02:31:49.93 ID:iHgYFDSc0
なにか身体的に関与するものやインパクトが欲しかったという人には物足りないかもしれませんが、泊りがけで行った話は以上です。
読んでいただきありがとうございます。

50: 本当にあった怖い名無し 2018/05/04(金) 02:39:15.55 ID:SMViZkvY0
終わり?

53: 本当にあった怖い名無し 2018/05/04(金) 02:40:33.32 ID:iHgYFDSc0
>>50
述べた通りやっぱりオチ弱いですよね…
期待していたならすみません

51: 本当にあった怖い名無し 2018/05/04(金) 02:39:24.16 ID:iHgYFDSc0
見てる人はいないと思いますが、時間もあるので後日談も書きます。
IDが違うのはパソコンからスマホに変えたためです。
やっぱりお布団は最高やな…!

55: 本当にあった怖い名無し 2018/05/04(金) 02:45:36.56 ID:SMViZkvY0
後日談聞くで!

後日談はこちら⇒先日起きた心霊体験-後日談
引用元:先日起きた心霊体験

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。