先日起きた心霊体験-前編

1: 本当にあった怖い名無し 2018/05/04(金) 00:17:09.55 ID:iHgYFDSc0
初スレです

2: 本当にあった怖い名無し 2018/05/04(金) 00:18:10.61 ID:iHgYFDSc0
先日初めて心霊体験をしたため、誰かに聞いてもらいたく書き込みました

3: 本当にあった怖い名無し 2018/05/04(金) 00:21:01.35 ID:iHgYFDSc0
オチは弱いですが、作り話のような綺麗な伏線を重ねた上での体験でしたので書き込もうと思いました。
事細かく書いていたら長くなってしまったため、小説を読んでいるような感じで見てもらえると嬉しいです。
5: 本当にあった怖い名無し 2018/05/04(金) 00:22:56.03 ID:iHgYFDSc0
先日、親が同県の市内で用事があったため、父、母、俺の3人で市内に泊まりに行ったときの話。
同県の市内といっても県内はとても広く、高速を使った車の移動でも2、3時間はかかるのでもはや旅行気分だった。
市内に着いた俺たち親子は、宿泊予定のホテルの近くにある立体駐車場の屋上に車をとめた。
着いた時間がお昼前だったので親子3人で昼食を済ませてから各々が自由に行動した。
一通り買い物を済ませた夕方あたり、ホテルのチェックインをするために俺と父は車に荷物を取りにいった。
思えばおかしくなり始めたのはここからだった。

6: 本当にあった怖い名無し 2018/05/04(金) 00:26:11.42 ID:iHgYFDSc0
車のロック解除ボタンを押してカギを開ける。そして後部座席の扉を開けようとしたときに違和感が襲う。
扉が開かない。俺と父は「?」となった。
(正確には扉は開いていたが、うちの車の後部座席は取っ手を引くと自動に開くものだった。)
力を加えて扉を引くと簡単に開いた。なにかの理由で扉は開かないようだった。
車を移動させるためにエンジンをかけてみようとするもビクともしない。
どうやらバッテリー切れのようだ。
カギを開けてから車のそばに行くまでに数秒もかからないが、そんなものの数秒でバッテリーが切れるものなのかと思った。
(車の知識があまりないため、ロック解除するためにバッテリーが必要ないのなら勘違いということになります。すみません。。。)
父はJAFに連絡をとり、車を見てもらうことにした。到着には時間がかかるらしいので、とりあえずチェックインするために手動で車のカギをかけて、荷物だけを持ちホテルに向かった。

9: 本当にあった怖い名無し 2018/05/04(金) 00:30:23.06 ID:iHgYFDSc0
向かったホテルの一階でばったり母と遭遇した。それは本当に偶然だった。何も連絡を取り合ってなかったはずなのに落ち合った俺たちは笑いあった。
泊まる部屋は割と高い場所で、ちょうど隅っこに位置していた。
チェックインした後、JAFが到着する前に夕飯を食べることになった。
夕飯を済ませた後、父はJAFを待つために車の近くでぶらぶらすると言い、俺と母は少ししてからホテルに戻った。

12: 本当にあった怖い名無し 2018/05/04(金) 00:32:52.43 ID:iHgYFDSc0
ホテルに戻った後、テレビが見れることを知りなんとなくニュースを見ていた。そのときだった。テレビがプツンと勝手に切れる。俺と母は「あー。」といい顔を見合わせた。
テレビの電源が勝手に切れるということは、極稀に起こり得る事象なのでいつもなら何とも思わないだろう。それでも先ほどのことがあったため、少し不思議だなと感じた。
少ししたらまた勝手に電源がつく。予想通りだ、勝手に電源が切れたあと勝手に電源がつくのはもはやテンプレである。

13: 本当にあった怖い名無し 2018/05/04(金) 00:33:36.22 ID:iHgYFDSc0
その日は疲れ切っていたため、早く寝ようと思い布団に入ろうとした。だが俺はそのまま布団に入らずトイレに向かった。
俺が用をたしている最中だった。
「コンコン」
と、どこかからノックする音がした。少し高い音だった。トイレは部屋の扉のすぐ近くなので父が帰ってきたのだろうと、そう思った。しかし母はカギを開けようとするどころか動く素振りすら感じない。父も父だ。もう一回ノックするとか声出すくらいすればいいのに。
トイレを出た後、母になぜノックを無視したのか聞いた。
そうしたら母は何も聞こえなかったと、そう言う。
俺はここで少しおかしいと感じ始めた。

14: 本当にあった怖い名無し 2018/05/04(金) 00:35:04.00 ID:iHgYFDSc0
次になにか起こったらほぼ確実にそういうのじゃないか?と母と笑い、眠たい俺はベッドにつく。
ベッドで寝ていた俺は母の携帯の着信音で目がさめた。電話の内容を聞いていると父と話しているようだった。
話が一通り終わり、電話が終わろうとする直前に母がなにか言おうとした。だが父は意を介せずに電話を切った。せっかちな性格もあり、いつも通りだと思った。
母は電話を置くと半笑いで俺にこう言った。
母「車のバッテリー切れの原因が分かったって。理由はハザードランプの長時間に及ぶ点灯らしい。」
耳を疑った。

15: 本当にあった怖い名無し 2018/05/04(金) 00:38:19.49 ID:iHgYFDSc0
ハザードランプの点灯?車を出るときにそんなものは確実についていなかった。もちろん荷物を取りにいったときにもついていない。
さすがにおかしい、そう感じた。一日にこれほどに奇妙ともいえることが起こるのかと。
するとまた父から電話がきた。電話を切る前に母の声が聞こえたから、なにかと思ったのだろう。
だが違った。
父は電話を切ってないという。

17: 本当にあった怖い名無し 2018/05/04(金) 00:41:57.85 ID:iHgYFDSc0
勝手に電話が切れたと思ったら勝手に電話をかけていたというのだ。自分の携帯から勝手にJAFに電話がかかっていることに父自身も驚いていた。その電話の途中にまた勝手に電話が切られた。
嫌な予感も的中で、父から「俺電話切ってないよ」というような内容が書かれたlineが飛んできた。

19: 本当にあった怖い名無し 2018/05/04(金) 00:45:52.63 ID:iHgYFDSc0
怖いと思い始めたのもつかの間で、父が部屋に戻ってきたときのノックする音に違和感があった。
ノックが少し低く濁っている音だったのだ。
さっきトイレで聞いた音は高かったのに、実際にはそうではない。
つまり、トイレで聞いた音はトイレの扉、もしくはトイレの中からしたものでほぼ確定となってしまった。
本当に怖くなってきた。
20: 本当にあった怖い名無し 2018/05/04(金) 00:46:17.32 ID:77tS6q6U0
俺は4日ぐらいガチもののファンタジー異世界に行って行方不明扱いだったわ
何かあっちの人間にあんまりこっちのことは喋んなみたいなこと言われたからスレは立てない

21: 本当にあった怖い名無し 2018/05/04(金) 00:48:10.24 ID:iHgYFDSc0
一応書き溜めしていたのはここまでですので、ここからは投稿ペースが下がってしまいます。すみません。。。
いざ書き込んでみると意外に短いんですね笑

23: 本当にあった怖い名無し 2018/05/04(金) 00:50:47.65 ID:iHgYFDSc0
>>20
おもしろそうな話ですね
単語が漢字とカタカナとひらがなが混在したようなものでできている世界のことでしょうか?
実は僕も4日前です、、!w

26: 本当にあった怖い名無し 2018/05/04(金) 00:57:18.46 ID:iHgYFDSc0
しかし、その時の怖さでも眠気には勝てなかった。本当に眠かった。
俺はベッドにつき再び眠りについた。
もう一度起きた時には父は寝ており、母は机に向かい明日のスケジュールを書いていた。
目がさめた俺は、コンビニに向かい夜食を買った。
夜食を食べている間に母は眠りにつき、起きているのは俺一人になってしまった。

27: 本当にあった怖い名無し 2018/05/04(金) 01:00:39.24 ID:wyg3pAgc0
どうせよくある勘違いか創作

31: 本当にあった怖い名無し 2018/05/04(金) 01:07:48.97 ID:iHgYFDSc0
>>27
始めに述べた通り作り話のような展開ですので創作と思われても仕方ないとは思っています。
ですが事実起こってしまったことなのです。
このような話はこのような体験をしたものでないと笑い話などで終わると思っているので体験した人からすると困りますね…

28: 本当にあった怖い名無し 2018/05/04(金) 01:03:16.80 ID:iHgYFDSc0
いろいろなことが起きた後なので、スマホを構いながらも常に警戒していた。なにが起きても対応できるようにと。
それから2、3時間が経ち深夜の2時過ぎになっていた。さすがに寝ようと思った俺はベッドについた。
そのときは既に先の事象のことなど忘れるくらいに落ち着いており、何も起きずによかったと安堵していた。
そして俺はなかなか眠れない体を無理にでも眠りにつけさせた。

後編に続く⇒先日起きた心霊体験-後編
後日談はこちら⇒先日起きた心霊体験-後日談
引用元:先日起きた心霊体験

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。