死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?牛の首 他

219: 本当にあった怖い名無し 2019/02/01(金) 19:42:10.24 ID:rJk/CzzE0
流れぶった切りすまん。あと長文だ。

こないだ仕事の出張で東京の武蔵野市ってとこに行ったんだ。でも相手方にトラブルがあって一日だけ出張が延びた。その日自体は休みになったし、夜は上司とご飯食べに行く約束をしてさ、それまで観光でもしようかと思ってウロウロすることにしたんだ。

東京のに来るのは初めてというか、こういう都会に来ること自体が余りないから「どんな街なんだろう?とりあえず面白そうな所に行ってみればいいな」って感覚で適当にフラフラしてたんだよね。
それでアーケード街?みたいな所に着いたんだ。

新年になったばかりだから亥年の幕みたいなのが下がっててとても賑やかだったのは覚えてる。
あちこちにお店があって、俺の地元とは比べ物にならないくらい栄えてると思った。
それで見るもの全てが珍しいからキョロキョロあちこち見渡してた。

220: 本当にあった怖い名無し 2019/02/01(金) 19:43:19.93 ID:rJk/CzzE0
そしたら一人だけ周りの人と比べて頭一つ分くらい背が高い人がフラフラしながら歩いてくるのが見えた。
とても遠くにいるのにさ、やけに目につくんだよ。それである程度近づいてきたらとんでもないものが見えた。

上半身裸の男の身体から何か青いクネクネしたものが生えててウニョウニョしてた
4本くらい?があちこちに向かってクネクネしててさ、動きがめちゃくちゃキモイ。
それで何故か目を逸らせなくなって男の方をじっと見てしまった。
だんだん男がこっちに近づいてきて顔も見えたんだけど普通の人間の顔じゃないんだよ。口の左端が切られたように裂けてて、血だらけだし喉の部分がグシャグシャになってた。
男がこっちに来ると思ったから必死に体動かそうとしてるんだけど全然動かなくて、「あ、これ俺死んだかも」って思ってガクガクしながら見てたんだ。

221: 本当にあった怖い名無し 2019/02/01(金) 19:44:33.84 ID:rJk/CzzE0
でも近づいて来るにつれて妙なことに気づいた。男が全然こっちを見なくてずーっと下に俯いてるんだよ。そこそこ近づいた時に男の目の前を歩いてる3人組がいてさ、男から出てるクネクネが何本もその3人のうちの1人に巻きついてるのに気づいた。
和柄の服のやつに巻きついてたんだけど男はずーっとそいつの方を見ていた。
それでボソボソ何か言ってるみたいに口が動いて時折笑ってた。
男の上半身は傷だらけであちこちが刃物で切られたように裂けてて血が出ていた。
あと数歩で俺とその3人と男がすれ違う所まで来て3人組は寿司がどーのこーの話してるのが聞こえた。

あれだけ周りがザワザワしてるのに「あはははっ」って男の笑っている声が聞こえた。男はクネクネが巻きついてるやつに後ろから抱きついてた。
男と目が合う。男はニヤニヤ笑いながらこちらを見ていたが人差し指を口に当てて「シーっ」というジェスチャーをしてそのまま男に後ろから抱きついたまま歩いていった

232: 本当にあった怖い名無し 2019/02/02(土) 05:36:55.10 ID:5fzEJFoS0
>>221
場面想像にちょっと時間かかったが

くねくね憑き男霊が前から来る

3人組和服男にくねくねがくっつく

くねくね憑き男ごと和服男の後ろから抱き付いてあはははははと笑う

くねくね憑き男が221を見てしーってしてポーズ

ってことね
その和服男その後どうなったんだろ…?

222: 本当にあった怖い名無し 2019/02/01(金) 19:45:14.98 ID:rJk/CzzE0
後ろを振り向く勇気はなかった。そのまま俺は「今見たのは夢だ」って思いながらそのまま近くの店に入り酒を煽った。少しでも気を大きくしてこの出来事を忘れたかったからだ。

酒のおかげか気が大きくなった俺はそのままアーケード街を散策し、上司とも合流してご馳走を楽しんだ。でも、この出来事は怖かったためか忘れることが出来なかった。
会社で自称霊感持ちの御局様に話してみたが「忘れなさい、あなたに憑いてくるかもしれないわよ(笑)」と言われたっきりで俺自身には何も変わったことは起きてはいない。

あの男はなんだったんだろう?

225: 本当にあった怖い名無し 2019/02/01(金) 20:27:47.35 ID:hvhMkyWL0
最近このスレのまとめを読んでいて、自分も何かオカルト体験なかったかなぁと思い起していたら、ふと気付いたことがあったので書き込みます
実話なので聞く人にとっては怖くないと思いますが……

小中学生の頃(もう10年以上前で時期はあやふやです)
その日の夜、近所の歩いて5分くらいのスーパーへ一人で買い物にいった帰り道のことです

夜空か目の前に近づいた自分の家の門か、ともかく少し目線を上にして歩いていたのですが
特に何かきっかけがあったわけでもなく、ふと街灯を背にして地面に伸びている自分の影を見下ろしたとき、心臓が止まるような思いをしました

真っ黒な自分の影の頭の部分に2つ、光る眼が付いていたんです

自分の影に目が!?

ひゅっ怖気が立って飛びずさると、なんてことはない……そこにいたのはカラスでした

あまりにもいいポジションに佇んでいたカラスにこのやろーなんて思いつつ
近づいて襲われても怖いから足早にカラスを避けて家に帰りました

つまり、単に動物にびっくりしただけ、というオチの話なのですが
この体験は話のネタになると思って、家に帰ってすぐ家族に話したのを覚えています

ただ、今思い出すまで気付かなかったんですけれども

夜にカラスって道路に出ているものでしたっけ?
カラスって夜に目が光るものでしたっけ?

そういえば私が話した時の家族の反応もあんまりよくなかった気がします
特にその後悪いことが起こったとかいうオチは付かないのですが私があの日見たものは何だったんでしょう

さっきこのことに気付くまで、人生で一度もオカルト体験なんてしたことがないと思っていたから、怖い

231: 本当にあった怖い名無し 2019/02/02(土) 04:27:19.82 ID:uLFJTcO30
千葉県松戸市に伝わる「牛の首」という話

昔、松戸市の六高台という場所はもとは肋骨(ロッコツ)郷という被差別部落だった
その肋骨という部落で牛が盗まれ、その牛が首無し死体で見つかる事件があった
同じころ、祝言を控えた近くの村の美しい女性がいくえ不明になる事件があった
近くの村はロッコのエッタどもが村の女性をさらったのではないかと疑い大いにいきりたったが
部落民たちも牛の件は村人達の自分たちに対する差別的嫌がらせではないかと思っていた
しかし二つの事件の犯人は同一人物、おおもとは一つであった

部落の長、谷川家のウスラ馬鹿息子に亮太という男がおった
この男が村の女性をさらって強姦して飽きたら殺し、死体に牛から切り取った首をかぶせて
これは牛じゃあぁと言いながら牛の首をかぶせた女性の腹を食らっていたそうな

それを見た村人は部落の長に怒鳴りこみに行ったが殺されて、首無し死体を牛の首を添えて晒された
一つは牛泥棒の罪を着せて処刑、もう一つは事件について余計な事を言ったら殺してやるとの見せしめとして…
部落民側にも偶然目撃した者はいたがあまりのおぞましさに長年口を噤み、真実はひっそりと闇に葬られた

興味本位から近年その家に近づいた者が付近住民に恫喝された件は人々の記憶に新しい

現在も人目から隠されている部落の長、谷川の住居
http://livedoor.blogimg.jp/darkm/imgs/0/f/0fbab0da.jpg

238: 本当にあった怖い名無し 2019/02/02(土) 10:44:36.78 ID:1Aafp56DO
両親から聞いた話。

俺が寝ている4時頃?
マンション住みだがドアをドンドンと叩く上にインターホンをピンポンピンポン鳴らしていたらしい
母と父は恐れ、内鍵で三回ロック。
ドアの覗き穴で見た瞬間そのモノは瞬時死角に隠れ下からドンドン

それが1時間続いたらしい

あんま怖くないけどマジな話。


シロ
牛の首って有名な怖い話だよね

クロ
本当に怖いのはお化けより人だよね

引用元:死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?353


オカルトランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ オカルトへ
にほんブログ村

Pick UP!
東京のおいしいお店がすぐわかる食べ歩きに役立つサイト
東京グルメ散歩

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。